ミュージックトリップ出演者紹介(2012年版)

佐藤恭子リトルオーケストラプロフィール

2003年、佐藤恭子がボストン留学中に、バークリー音大のクラスメイトを集めたリハーサルバンドとしてスタート。Kyoko Satoh and her “Little” Jazz Orchestra(佐藤恭子リトルジャズオーケストラ)として活動。 元ウディ・ハーマンジャズオーケストラのリードトロンボニストで作編曲家としても名高いフィル・ウィルソン氏の目にとまり、彼のサポート によって、NY及びボストンにて、JVC ジャズフェスティバルを始め、多くのジャズフェスティバルやコンサートなど出演する。

2007年、東京に拠点を移した彼女が、東京の第一線で活躍する同世代のミュージシャンを集めて、”佐藤恭子リトルジャズ オーケストラ”として、渋谷JZBrat、新宿PitInn、高田馬場カフェコットンクラブ、横浜カモメなどを中心にライブ活動を展 開。2008年の阿佐ヶ谷ジャズストリートでは、最終日大トリをつとめ、大盛況にて好評を博す。

2年間活動休止していたが、2011年春、”佐藤恭子リトルオーケストラ”として、活動再開し、ライブハウス、ジャズフェスティバルでの活 動を精力的に行なっている。

作編曲はすべて彼女が行い、彼女の最大の魅力であるオリジナル曲の数々、斬新なアレンジメントを施したジャズスタンダードや日本 の懐かしい歌など、レパートリーの素材は幅広い。本人曰く”キャンバスに絵を描くように作編曲をする”スコア、そして、バンドメンバー 全員がソリストであり、セクションプレイヤーであり、一つのオーケストラの中で多数のジャズコンボが同時進行するようなそのサウンド は、非常にユニークなものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>