4°C

 4°C


大橋 祐子(おおはし ゆうこ)

8月7日生まれ A型
東京都八王子市出身
幼少の頃よりクラッシックピアノ、エレクトーンに親しみ学校卒業後よりJAZZに目覚める。
JAZZピアノを稲森康利、寺下誠氏、小嶋貴文、各氏に師事。
2005年New York、2006年Swedenに音楽修行に訪れ、現地のミュージシャンとセッションを重ねる。
2009年10月、CSテレ朝チャンネル「源流JAZZ」に、リーダーを務める女子バンド「4℃」が取り上げられる。
2010年7月21日、Piano TrioによるリーダーCD「Prelude to a KISS」をリリース。
バイオリン石内幹子とのDUOで、2010年9月上海美蘭湖音楽祭に日本人として初出演。
現在、自己のtrioを中心に、多数のセッションやサポートに参加、JAZZ、POPS、FUNK等、ジャンルにとらわれない演奏活動をしている。


中津裕子(BASS)

東京理科大学Modern Jazz Groupにてジャズウッドベースを始める。
在学中より演奏活動を開始。
2003、2004年島田歌穂ツアーメンバーとして、大阪BLUE NOTE、福岡BLUE NOTE、渋谷J’zBrat、横浜Motion Blueに出演。
2004年より女性バンド・「BIANCA」に参加。
BIANCAにて、松尾スズキ「キャバレー」にバンド出演。
2008年テイチクエンタテンメントからメジャーデビューアルバム「BIANCA」をリリース。
2009年よりジャズ&ハワイアンのユニット「Love Notes」に参加、六本木STBでのライブや各地のイベントに出演。

他に、中村誠一バンド、ヒロ川島バンド、志賀聡美バンド、たいちゃんず、猪俣優子バンド等様々なユニットに参加。
今治ジャズタウン、旭ジャズ祭り、定禅寺ジャズストリート、グリーンティジャズフェスティバル等、各地のジャズフェスに出演。
コントラバスを吉田水子氏、エレクトリックベースを板谷直樹氏に師事。現在、首都圏を中心に活動中。


川口弥夏(DRUMS)

幼少時代にピアノを始め、大阪音楽大学短期大学部ピアノ科を、卒業する。
JAZZライブハウスでアルバイトをするが、ドラムに完全に惹かれ、とにかく見真似ではじめ、ジャムセッションがよいばかりしていた。
上京してからは、2007-2009まで、横浜JAZZプロムナードに出演、そのほかも、精力的に活動している。
正統派JAZZも好きで、その他にも色々な自然音楽や民族音楽、ハンドパーカッションに興味をもち、後には、メンバー皆様と溶け合うような、それらのフィーリングも含めたジャズドラムができたらなと、思っております。よろしくお願い致します。


守谷美由貴

香川県出身。大阪音大でクラシックを赤松二郎氏に学び、その後転向し、土岐英史氏、多田誠司氏にジャズを学ぶ。
自身のリーダーバンドで都内のライブハウスを中心に演奏する他、鈴木勲グループ、女性バンドBIANCAのメンバーとして活動する。
2007年、松尾スズキ演出のミュージカル“キャバレー”に出演。
2008年、テイチクタクミノートよりアルバム「BIANCA」でメジャーデビューし、ADLIB アワード国内ニュースター賞を受賞する。
2010年10月、自主レーベルCoume Music より初のリーダーアルバム『Cat’s Cradle』をリリース。
その他も、日野皓正PRESENTS“JAZZ FOR KIDS”に「DREAM JAZZ BAND」の講師として参加するなど様々な活動をしている。


深沢 晴奈(ふかざわ はるな)

4月14日東京生まれ。AB型。
4歳よりピアノを始める。
ピアニストを志すが12歳のときフルートに転向。
武蔵野音楽大学卒。
フルートを高久進氏に師事。
第28回フルートデビューリサイタルなど、多数の演奏会に出演。
クラシックでの活動を進める中、ジャズピアニストのオスカーピーターソンのライブを聴きジャズでの活動を始める。
ジャズを石田博、井上信平各氏に師事。活動はジャズ、ラテンにとどまらず幅広く行い、2009年10月、メンバーである女性バンド「4℃」がCSテレ朝チャンネル「源流JAZZ」に取り上げられる。
2010年8月サポートを務めるプログレッシブロックバンド「Cichla Temensis」がイタリアのトリエステで行われた「トリエステサマーロックフェスティバル」に日本バンド初の参加。Focus、Steve Hacketらとステージを踏む。
この模様はイタリアの新聞で取り上げられ、「かなり素晴らしい日本人の三人組。特にフルート奏者は素晴らしかった」と好評を博す。
2010年サポートを務めるへヴィメタルバンド「BELLFAST」の1stCDがKING RECODSより発売。各紙面に取り上げられる。
また、NYには年に数回訪れ、巨匠Frank Wessのプライベートレッスンにて大きな影響を受けている。
クラシックで培った多彩な音色とパワフルな演奏には定評がある。

現在はジャズ、ボサノヴァ、ポップスなどなどジャンル問わず取り組んでいる。
ライブ、レコーディング、バンドのサポートなど都内を中心に活動中。
Dragon Ash、CM、日テレジブリ大時計などのレコーディングにも携わる。

2010年3月、Urban Jazz一期一会より初のリーダーアルバム「Spring Up」をリリース。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>