妹尾美穂TRIO with多田誠司


多田誠司(Alto Sax. Soprano Sax. & Flute)

1960年、香川県高松市生まれ。
香川大学付属高松中学、高松高校を通じて吹奏楽部でFluteおよび指揮者を担当する。岡山大学入学と同時にJAZZ研究会に入部。20才の時AltoSaxに転向する。大学卒業後、就職のため地元に帰り、セミプロの立場で中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZへの情熱を捨て切れず、1988年上京。都内ライブハウスで活動を開始する。
以後、小林洋子(P)グループ等を経て1990年に村田浩(Tp)&The BOP BANDに参加。1992年にCD『The Blues Walk』にて全面的にフィーチャーされ、一躍脚光を浴びる。1993年末には、キングレコード主催、日本の若手ミュージシャン達による『日本ジャズ維新ジャム』のレコーディングにも参加。その情熱あふれるプレイで多くのファンを獲得する。1994年10月にはドラムの猪俣猛氏の『Japan Just Jazz All Stars』の一員として国際交流基金主催のメキシコ公演に参加、大成功を収める。また、1995年7月には転職情報誌「Be-ing」にその脱サラ人生が大きく取り上げられる。
1996年3月には大西順子(P)QUINTETの一員としてBLUENOTE東京・福岡・大阪の3週間にわたるツアーに参加。Marcus Belgrave(Tp),Rodney Whitaker(B)ら海外一流ジャズメン達と共演し交流を深める。また1997年5月にもJAZZWORKSHOPの一員として二年連続でBLUENOTE公演に参加。さらに高い評価を得る。
1997年6月、待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝EMIより発売。SWINGJOURNAL誌主催、97年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。98年4月には来日中のBranford Marsalisがこのアルバムを絶賛し、BLUENOTE東京にて共演するチャンスにも恵まれた。99年8月にSLASH!のデビューアルバム「SLASH!」をEWEよりリリース、高い評価を得る。また世界的トランペッター日野皓正に認められ1999年から2009年まで彼のグループにレギュラーメンバーとして参加。国際交流基金主催のインド・パキスタン公演をはじめとしてラオス・カンボジア・韓国などアジア諸国で公演。2005,2009年には佐藤允彦SAIFAの一員として欧州ツアーに参加するなど海外でも数多く活動する。。
2000年11月よりNew Unit「the MOST」を結成。2001年にCD「much,more,the MOST」でデビュー、高い評価を得る。2002年に2nd Album「FORCE」、2003年に3rd Album「BECAUSE OF YOU」2007年に4th album「re:mark」2010年8月に5th album「Luminescence」を発売。結成十周年記念コンサートを行うなど、現在もメインの活動となっている。
また自己のグループでNHK-FM「セッション’97、’98、505」に出演。また2001年10月にはNHK-BS日蘭ジャズ週間に参加、オランダ人ジャズメンとの共演が放映されるなどTV・ラジオ等への出演も多数。2009年度、SWINGJOURNAL誌「日本ジャズメン人気投票」でALTO部門第三位にランクされる。
現在、『the MOST』『GH4』『Z’s』『田鹿雅裕QUINTET』等のレギュラーを務める一方、様々なセッションで活躍中。また、演奏活動のかたわら洗足音楽大学および銀座YAMAHAアネックス、Da Capoで講師として教鞭をとる。

主な参加CD

・Luminescence the MOST (TLive)
・re:mark   〃 (RAGMANIA)
・BECAUSE OF YOU   〃 (EWE)
・Force     〃 (EWE)
・Much,more,the MOST   〃 (EWE)
・Here We Go Again   日野晧正QUINTET (SONY Music)
・DRAGON 〃   (SONY Music)
・CRIMSON 〃 (SONY Music)
・寂光               〃 (SONY Music)
・SLASH! SLASH! (EWE)
・The GIG 多田誠司QUARTET (東芝EMI)
・The SEXTET JAZZ WORKSHOP (東芝EMI)
・TAC TIC 日野元彦SEXTET (EWE)
・SPIRIT Club TOKO SEXTET (EWE)
・コジカナツル3 コジカナツル (RAGMANIA)
・Live at Moers 佐藤充彦&SAIFA (BAJ)
・Isomer 〃 (BAJ)
・Ricerside Music Garden 香取良彦Jazz Orchestra (テイチク)
・The Tap 宇川彩子GROUP (KING)
・日本ジャズ維新ジャム 日本ジャズ維新ジャム (KING)
・JAZZ BATTLE ROYAL 〃 (KING)
・TWIN HEROS 〃 (KING)
・Dawn Breaks 大坂=原QUINTET (KING)
・def 〃 (KING)

ほか、スタジオセッションとして参加したCDは多数にのぼる。


妹尾 美穂 せのお みほ
(ピアニスト/DCFA認定ドラムサークルファシリテーター)

岡山県出身
くらしき作陽大学卒ピアノ科専攻。
クラシックピアノを渡邉康雄氏に師事。
8年間小学校で音楽講師を務め、ピアニストへ転向。
ジャズピアノを菊池ひみこ・堀秀彰 両氏に師事する。
■2007年
自己のトリオ結成 【伊予平(b)コウ(ds)】AVENUEで第一土曜日レギュラー出演(2011.3.5まで)
岡山JAZZフェスティバル後楽園・幻想庭園
フェリーぺ中村 WorldJazz Ensembleのメンバーとして出演。
■2008年
「妹尾美穂☆TRIO」鳥越啓介(b)藤井学(ds)と共演。
■2009年
・「TWBC2009」東京ビッグサイトのイベントで納浩一(b)藤井学(ds)と共演。
・スコット・ハミルトン(ts)と共演。
・「多田誠司With妹尾美穂TRIO」多田誠司(Sax)と中国地方を中心にツアーを行う。
・岡山県民文化祭「倉敷JazzStreet」では、大原美術館での初JazzLiveアーティストに抜擢され、大好きな東山魁夷の絵からインスパイアされたオリジナル曲などを演奏し満席の中、好評を博す。
■2010年
・(10月31日)≪Urban Jazz一期一会≫よりオリジナル曲を中心に収録した1stアルバム【*Ki-Ra-Ri*】(鳥越啓介(b)藤井学(ds))をリリース。
・「JAZZ批評」(2011.3月号)マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2010 ジャズメロディー部門 24位にランクイン。
■2011年
・ルネスホール(岡山県)にてCD発売記念コンサートを開催。
東山家の協力により東山魁夷氏の絵「静唱」「夕紅」「花宵り」と映像作家Sato-an氏とピアノトリオのコラボレーションを実現。
現在、活動の拠点を東京へ移しオリジナル曲を中心にLIVEを行っている。

♪参加CD♪ INFAS MUSIC より「 Ghibli of Life 」
また、FantaRhythm Music主宰 岡山ドラムサークルを立ち上げる
。ドラムサークルファシリテーター協会理事。
Okayamaドラムサークル「FantaRhythm」のDCFA公認ファシリテーターとして岡山県を中心に地域・学校・施設・病院・企業研修などで「ココロのサプリメント」をテーマに幅広くドラムサークルを展開。健康増進施設「はぁもにい倉敷」で「リズムでコミュニケーション」講座の講師を務める。


中林 薫平(なかばやし くんぺい)

1981年生まれ。高校入学と同時に甲南高校ブラスアンサンブル部に入部し、ウッドベースを始める。高校生ビックバンドのコンテストである、 Student Jazz Festivalにおいて、2年連続1位となる。甲南大学に入学し、JAZZ研究会に入部。2003年守口・門真ジャズコンテストでは、グランプリ、ベストプレイヤー賞を受賞。卒業後、日野皓正、吉田次郎、嶋本高之らと共演し、2005年に上京。山口真文バンド、佐山雅弘トリオ、鈴木勲「OMA SOUND」、市原ひかりGroup、古谷淳トリオ、清水絵里子トリオ等でプレイする。
2008年に自己のカルテットを結成し、ミニアルバム「Graffiti」をリリース。その他、ベーシスト3人だけの自己のバンドや、劇団とのコラボレーションなど活動は多岐にわたる。


藤井 学(ds)

1996年10月20日、広島県福山市生まれ。
幼少よりピアノを習い、12歳より吹奏楽部でトランペットを担当。14歳から友人とバンドを結成し、ドラムを始める。15歳の時、「リッチvsローチ」のレコードを聞き、JAZZに目覚める。その後、地元福山でロックバンドやイベントで演奏するようになる。大学進学を期に名古屋で佐竹伸泰氏に師事。ロックバンド<ボニータ>に参加。イベントを中心に活動。20歳から小濱安浩カルテットに参加。本格的にライブ活動を始め、納谷嘉彦トリオ、森剣治カルテット、和田直バンドなどで活躍。ヒルトンホテルのハウスバンドや地元テレビ・ラジオに出演。その後、上京し、名古屋時代より共に活動していた滝野聡のデビューと共に、滝野バンドに参加し、ライブハウス、ラジオ等で活躍。また阿川泰子のバックバンドとして、日本テレビ「オシャレ30:30」にも出演。現在は東京を拠点に、各地のライブハウス、イベントなどで活躍中。JAZZだけでなく、FUSION・ROCK・SOUL・BOSSA NOVA・LATIN等、様々なジャンルに対応できるドラマーとして厚い信頼を得て、各イベント・CD録音などにも参加している。
2000年、2001年には横浜JAZZプロムナード、2003年~2005年、岡山ジャズフェスティバル、
2005年、室蘭ジャズクルーズ(小林桂+小林洋カルテット)、台湾台中ジャズフェスティバル(木住野佳子トリオ)、
2006年、横浜JAZZプロムナード(高樹レイクインテット)、韓国クリスマスコンサート(木住野佳子トリオ)
2007年、キタオンジャズフェスティバル(木住野佳子トリオ)、横浜チャリティコンサート(小林桂&スーパークインテット)
岡山ジャズフェスティバル(渡辺香津美バンド)、等に出演。
また、ボーカリストとしてCMソングも数多く歌っている。

主な共演者は、ボーカル:阿川泰子、小林桂、サンディ・ブレア、高樹レイ、野間瞳、ハービートンプソン、ミズノマリ、安則眞実
ピアノ:アキコグレース、秋田慎治、アンディ・エズリン、石井彰、市川秀男、小野塚晃、木住野佳子、椎名豊、納谷嘉彦、橋本一子、堀秀彰、守屋純子、
ギター:梶原順、ジョシュア・ブレイクストーン、滝野聡、バリー・フィナティ、吉田次郎、渡辺香津美、
べース:ウィンストン・マコー、納浩一、カール・カーター、櫻井郁夫、中村健吾、古野光昭、ブライアント・マクニール、
サックス:尾田悟、小池修、ジェイトーマス、多田誠司、林栄一、ボブ・ケンモツ、矢野沙織、山口真文、山田穣、
トランペット:原朋直、松島啓之、トロンボーン:北原雅彦、向井滋春、
バイオリン:桑野聖、里見紀子、寺井尚子、フルート:赤木りえ、パーカッション:仙道さおり、他多数。 (五十音順)

参加CDには滝野聡「TAKINO」、木住野佳子「bossa nostalgia」、堀秀彰「MOVING SCENES」他。

ニューヨークで活躍するミュージシャンと録音した初のリーダーアルバム”I’m a drummer.”を発表。2006年11月、全国発売開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>